получить микрозайм на карту

お知らせ

CELL

2013.06.26

【トークライブin CELLL】第5回「明治の小説本あれこれ ~紅葉・露伴・四迷の時代~」が開催されました。

6月25日(火)にメディアライブラリーCELL CE104にて第5回「トークライブ in CELL」が開催されました。

女性の心理を巧みに描く「尾崎紅葉」と、男性的な文章が特徴の「幸田露伴」が活躍した”紅露時代”。
今回のトークライブでは、そんな”紅露時代”を中心に、活版本だけではなく、筆書きの書物も多く読まれるなど、多様な作風が混在する明治文学の流れをご解説いただきました。

・紅葉自身の筆書きによる序文が掲載されている、尾崎紅葉『七十二文 命の安賣』
・先生が最高傑作と絶賛する、二葉亭四迷『其面影』
・少し大きい4号活字を使って読みやすくつくられた、森鴎外『即興詩人』

など、柏木図書館長の数々のプライベートコレクションをもとに、リアリズムを追及する二葉亭四迷、田山花袋らの自然主義文学と夏目漱石、森鴎外らの反自然主義文学の対比も交え、明治の文壇史を振り返るというお話でした。

↓第5回トークライブinCELL「明治の小説本あれこれ ~紅葉・露伴・四迷の時代~」の様子をショートムービーでご覧いただけます!↓


トークライブin CELL第5回ダイジェスト

次回のトークライブは、柏木図書館長がゲストスピーカーの先生をご紹介いただけるとのこと。
次回もどうぞご期待ください。

貸出・予約状況紹介

「貸出・予約状況照会」は本学教員・学生のみ利用できます。

※利用者ID、パスワードは
SSL-VPNログインと同じです。

ログインはこちらから

図書館について

  • Book Log CELLの特集展示
  • Book Log 伊丹図書館の特集展示
このページの先頭へ戻る
HOMEへ戻る