イベント・展示

CELL

2014.01.23~2014.01.30

【メディア・芸術学部】2013年度ゼミナールII・井澤幸三クラス展示「アクリル絵具をもちいた絵画技法の可能性II」

2014年1月23日より、2013年度ゼミナールII・井澤幸三クラスの授業課題成果展示として「アクリル絵具をもちいた絵画技法の可能性II」を開催しますのでご案内します。
秋学期の学生の成果をぜひご覧ください。

【期間】2014年1月23日(木)~1月30日(木)
【場所】メディアライブラリーCELL中庭側ガラス面

【展示概要】
秋学期では、表現者としての自由な発想をもとに各人のテーマを設定することを主眼とした。
校正的なテーマを作品化するときには、有効な技法を用いることで魅力あふれる表現を獲得することができる。
春学期で経験した技法用法のいずれか1つ以上の技法用法を用いて、各々の効果的な表現を探る。

【春学期で経験した技法】
(1)マスキング
テープ、シート、マスケットインクなどで画面を覆い、露出メンに描画を施すこと。
(2)グラデーション
明暗および色相による段階的な色調の変化。
(3)マチエールの形成
絵具層強化用にジェルメディウムを混入したモデリングペーストを用い、画面上に筆触等による凹凸の変化を与えた後、ドライブラシもしくは擦りこみによるさまざまな効果を演出する。

【ゼミナールII・井澤幸三クラス】
相坂 梨沙 / 粕谷 羽蘭 / 高田 結希 / 松浦 加奈 / 三好 智也/ 他1名

  • 2013年度ゼミナールII・井澤幸三クラス展示「アクリル絵具をもちいた絵画技法の可能性II」
  • 2013年度ゼミナールII・井澤幸三クラス展示「アクリル絵具をもちいた絵画技法の可能性II」

貸出・予約状況紹介

「貸出・予約状況照会」は本学教員・学生のみ利用できます。

※利用者ID、パスワードは
SSL-VPNログインと同じです。

ログインはこちらから

図書館について

  • Book Log CELLの特集展示
  • Book Log 伊丹図書館の特集展示
このページの先頭へ戻る
HOMEへ戻る